【岐阜・多治見・春日井・小牧】普通自動車免許を車校で取得するなら美坂自動車学校

HOME > 当校の方針

当校が目印教習をしない理由

私達は美坂に入校された生徒さんを【肉親と思って】対応しています。

私達は免許を取っていただく事だけが目的でなく、
《安全マインドや車両感覚等が身に付き、免許取得直後から一人で安全運転出来る力を身に付ける事》が、
最大の目的なのです。

人によって出来る様になるスピード(使用教程数)が違うのは当たり前の事で、私達はそのスピードの差を極力少なくしつつも、安全運転が出来る力に関して同じレベルになる様に心掛けています。

私達は上記の《 》内に重点を置いていますから、

車両感覚が身に付いている人はドンドン早く進めますが、身に付いていない人には車両感覚等が身に付くまで教習を行います。
その為に車両感覚が身に付くまで安心して教習が出来る様、入校時の料金や補習料を低く抑え、免許取得直後から安全運転が出来、事故や危険な目に遭う事を無くすべく、下記、★・☆印の目印教習を避けています。

参考文

自動車学校や指導員によっては車両感覚が身に付き免許取得後に安全運転が出来る事より、合格迄の教習時限数を少なくする事だけが目的だったり・指導力不足等で、下記★印の目印教習を行ったり、☆印の「どこどこでは、ハンドルを何回切って何回戻しなさい」と教えたりする場合もありますが、タバコと同じ様に"百害有って一利無し"です。

★目印教習とは

(「自分の体が、何本目のポールに来たら何々しなさい」や、「車体の何処何処と、コースの何処何処が重なったら何々しなさい」等) 車体の一箇所と道路やポール等の一箇所を重ねる様に見る為、{免許取得後の生徒にとって絶対に必要な、車両感覚や目配り(道路の幅・形状・状況を瞬時に何箇所も見る力)が}身に付きにくく、

☆目印教習でなくても

「どこどこでは、ハンドルを何回切って何回戻しなさい」は、走行中にハンドルを見る為に進行方向から目をそらす悪い行為が習慣になり、悪い習慣は自然に直るものではありませんから、取得後に"注意一秒・怪我一生"と、なりかねません。

参考文

交通事故の約三分の一が、走行中に、携帯を見たり・オーディオ類やハンドル等の運転装置類を見たり・車内外の一点を見たり・話し掛けてきた人を見たりで、進行方向から一瞬目をそらした事が原因によるものです。

目配りで、何箇所も見て・判断して・操作する以外に、安全運転出来る様になる王道は有りません。

自分のミスで、最愛の人を亡くしたり・一生直らない傷を付けたりした事を考えて下さい。
その後ずっと心に深い傷を負ったまま生きていく事になります。

運転が苦手な人・車両感覚が身に付きにくい人ほど、★・☆印教習を行ってはいけないのです。

★・☆印教習を行うから、 免許取得直後に「一人では怖くて運転出来ない」と言われる方や、車をこすったり・事故を起こしたりする方が
多くなるのです。

考えて下さい。

あなたが指導員だったら【自分にとって本当に大切な人】に、車両感覚が身に付きにくい★・☆印教習を行うでしょうか?

★・☆印教習を行う学校や指導員は、生徒さんの事を【自分にとって本当に大切な人】と思っているのでしょうか? 免許証は一生使える物ですが、取得後に人生を左右するかもしれません。
自動車学校選びは、取得までの短い時間より、取得後の長い期間で考えて下さい。 取得までの教程数(料金)を惜しんで、免許取得後に死亡事故や人身事故は勿論、物損事故でも起こせば、御本人だけでなく御家族の方等も、精神的・金銭的にも多大な負担を強いられます。 下手をすれば加害者が被害者ともなり、一生莫大な賠償金や後遺症に悩む事になるかもしれないのです。

一生使える【運転免許証】、車両感覚等をしっかり身に付けてから合格し、車を便利な物として使いますか?★・☆印の教習を行い未熟で合格し車を凶器にしますか?決して"どこで取っても一緒"ではありません。『合格すればいい』が最終目的ではないので、安全運転が出来る事に対して一切の妥協もしません。

目配り出来る力や車両感覚等を身に付け安全運転が出来、一生無事故・無違反で過ごしていただける様に、是非当校をお選びいただきたく思います。自信を持って免許証を所持していただけるはずです。

このページのTOPへ

copyright © 2013- MISAKA DRIVING SCHOOL All Rights Reserved.